コネクトシスターズ

女の子ための短期留学プログラム

© 2019 by  Connect Sisters

大切な娘様に短期留学をさせてみようとご検討中の親御様へ

始めまして。代表の和紀と申します。

この度は、娘様のコネクトシスターズでの短期留学をご検討下さり、誠にありがとうございます。

大切な娘様を海外に1人で行かせる

不安ですよね。分かります。

私が初めて一人で海外に行ったのは

中学生1年生の時でした。

その時、私の両親は当時どんな風に思っていたのか

少しでも参考になればと思い、メッセージをもらいましたのでよろしければお読みください。

娘様が生き生きと、幸せに輝ける将来を、心からお祈りしております。

コネクトシスターズ

​女の子のためのリーダーシップ留学プログラム

改めまして、コネクトシスターズ代表の和紀と申します。

私はアメリカの大学を卒業した後、日系の企業に就職、その後、外資のIT企業の東京オフィスとシンガポールオフィスで働いておりました。シンガポールオフィスで勤務している間にイギリスの大学院でMBAを取得、前から挑戦してみたいと思っていた起業にチャレンジする事になりました。

なぜ、女の子のためのリーダーシップ留学プログラムの会社を起業しようと思ったのかを少し書かせていただきます。

アメリカの女子大を卒業して、さぁこれから世界を股にかけて大活躍してやるぞ!と大きな夢と希望に満ち溢れて就職した日本の会社で、「男性社会」の働きにくさに悩んだのを今でもよく覚えています。その後、ご縁があり外資系の企業に転職が決まり、その後シンガポールオフィスへの異動もあり、いろんなタイプの女性がバリバリと働くのが当たり前。という社会に、私はどんどん働きやすさを感じるようになり、やりがいも増していくようになりました。ただ頭のどこかに、新卒で働き始めたころ、とっても悩んだ自分と同じ境遇の女性がまだまだ日本にはたくさんいるのではないかと思うと、なんだか一抜けして自分だけ楽になって申し訳ないなと言う気持ちがどんどん大きくなっていったのです。

そんなある日、日本の新卒で働いている女性と話していると「学生の時は男女差なんて気にならなかったんです。女性活躍推進なんて大げさだと思っていました。でも、就職すると、こんなにも女性にとって働きにくい社会だったのかと、毎日もやもやしています。」と、いう声を聞いたのです。私と同じだ。10年以上も若い今の女性も同じ様に悩んでいる。

私は社会を変えることはできないけれど、一人でも多くの女性に私と同じように海外で働く選択肢を見つけたり、がっつり稼いだりするチャンスを得てもらいたい!と強く思うようになりました。

それが、コネクトシスターズの始まりです。

やっぱり長くなってしまいました。

ソーシャルメディアと女の子の自殺未遂増加

​女の子が社会で受けるプレッシャ―

ここ数年で、女の子の自殺未遂の事件が今までに比べて70%も増加している事をご存知ですか?​(男の子は25%増)その大きな原因としてソーシャルメディアが挙げられています。

​女の子と男の子のセルフハーム(自分を傷つけてしまう行為)の数にこれ程の差があることについては、女の子は特にソーシャルメディアで自分を世の中に受け入れられる、受け入れられないという事に影響を受けやすい社会で生きている事が挙げられえいます。

この研究結果をもとに、アメリカとイギリスでは校長先生や親御さんに、タバコや薬物アルコールと同様、子供には18歳ころまでソーシャルメディアのアカウントを持たせないようにと促す働きが始まっています。

それもあり、アメリカの女の子向けのプログラムの多くは、ソーシャルメディアから女の子を守る為の教育が必ず入れ組まれています。ソーシャルメディアの「イイね」が彼女たちの価値そのものだと勘違いしないための教育。

女の子にとって、自尊心を持つこと、自分を大切にする練習をする事は、命を守ることにつながります。

コネクトシスターズのプログラムでは、女の子の為に特化した「リーダーシップ」を学ぶチャンスを準備しています。「リーダーシップ」とは、自尊心を育てる事、自分を好きになる事、自分と人を大切にする事、そして自分の人生を引っ張っていく力を身に着けることだと考えています。

 

備えが必要な女の子の人生

60%以上の日本の女性は無収入もしくは低所得者であると言われています

ドメスティックバイオレンスの傷害被害の94%は女性

ドメスティックバイオレンスの被害者女性の半数は無収入

正社員で働いている女性は全体の半数以下、男性は78%

アメリカでは、女性が性的暴行やドメスティックバイオレンスの被害にあわないようにするためには経済的な独立をする力が大切だと言われています。

これは、もちろん経済力のない女性を非難するものではありません。

ただ女性も男性同様に、経済的な独立をする力を身につけることは万が一の事態が起きてしまったときに命を守るために大切だとされているのです。

コネクトシスターズがパートナーに選んだプログラムは楽しい海外留学の経験をするだけでなく、

そうした社会の現状を理解したアメリカ現地の親御さんが娘の為にと選んで送るプログラムです。

娘に自信をつけて自分らしい人生を選んで生きていってほしい

​そんな思いを持った親御さんの選ぶリーダーシッププログラムに留学生として参加します。

 

繋がり、ロールモデル、メンター

シスターフッド

 

​世界中にできる友達。悩む前に相談できる女の先輩。

これから長い人生、きっと悩むこと、辛いこともたくさんあるはず。

でもそんな時に、一人でも多くの頼れる人と繋がっていてほしい。

人は目に見えるものしか目指せない

だとしたら、若いうちに色んな人の色んな生き方を見てほしい

色んな女性の働く姿を見てから将来設計をしてほしい

大きな夢を持ってほしいから、

大きな世界を見てほしい

その中で、たくさんの素敵な出会いをして、

もしいつか、人生の先輩に相談をしたくなった時に

​連絡できるシスターをたくさん持っていてほしい

 

行って終わりの旅行会社の様な留学エージェントとは

一味違うプログラムの魅力を知ってもらいたい

充実した

​ビフォアーアフタープログラム

せっかく行くからには、万全の準備をして行ってほしい。もちろん英語もしっかり準備して思う存分試してきてほしい。一週間程度の留学では英語がペラペラになって帰ってくるのは難しいかもしれません。でも、海外で学べることは言語だけじゃない。世界には色んな人がいるんだ。色んな価値観があるんだ。様々なことに興味をもって帰ってきてくれるだけでも大成功!その為に、コネクトシスターズのプログラムでは事前準備を怠りません。世界の常識・教養をできる限り事前授業で伝えます。

​帰国後は、せっかく学んだ事、英語で質問できなかったことなどを、総合的におさらい。また、この留学経験を経て、今後の学生生活どう過ごしていくかの目標設定なども行います。

厳選された女の子のためのリーダーシップ留学プログラム

女の子のためのプログラムなので、宿泊先のケア、防犯、安全面での配慮、スタッフの選定はもちろん、プログラムの内容も参加者の女の子が自信をつけるために必要なことに集中して設計されています。

アラムネイプログラム

​大学生になってからも参加可能

コネクトシスターズのプログラムを完了すると、卒業生としてアラムネイ(OG)メンバーになれます。卒業メンバーは、コネクトシスターズの企業スポンサーでインターンシップを経験できたり、働く女性のカバン持ち​を一日体験、女性管理職や女性社長との食事会、など、国内でのイベントに参加することができます。

留学プログラムについて

​費用、安全面、その他もろもろ色々聞きたい